タイプ別の永代供養墓

###Site Name###

永代供養墓に分類されるお墓には、様々なタイプがあります。


まずは合祀墓や合葬墓と呼ばれるもので、これは他のたくさんの人と一緒に埋葬されるものです。


墓石、あるいはモニュメントがひとつ建っていて、その下に埋葬されるのが一般的です。
モニュメントになっているものは永代供養塔タイプとも呼ばれます。



次に、納骨堂です。

こちらは元々は遺骨の一時預かりに使われていましたが、永代供養墓のニーズが高まってきた影響を受け、少しずつスタイルが変化してきています。ロッカー型、納骨スペースの手前に位牌や仏像を置ける仏壇型、ICカードで操作する自動搬送式といったものがあります。

教えて!goo情報を簡単に調べられます。

納骨堂は一定期間安置された後、合祀墓に遺骨を移すというものが多くなっています。

安置期間はそれぞれ違いますが、13回忌や33回忌までの個別安置が主流になっています。


合祀墓や納骨堂の他には、樹木葬という永代供養墓もあります。

埼玉の永代供養墓に関するアドバイスです。

こちらは墓石ではなく樹木や植物を墓標にするもの、花壇のようになっているエリアに埋葬するものの2タイプがメインです。

骨壺ではなく袋に遺骨を入れて埋葬したり、パウダー状に遺骨を加工して埋葬するなど、徐々に土に還るような埋葬方法が多くなっています。

これらの、最初から永代供養になっているお墓の他に、従来の家のお墓として建墓し、承継者がいなくなったときには永代墓になるようなプランが用意されている霊園も増えてきました。誰の遺骨を納めるのか、個人用なのか子供も一緒のお墓に入るのかなどを検討することで、自分の希望に合う永代供養墓が選べます。


PAGE TOP