永代供養墓という形態が増えるかもしれない

###Site Name###

一般的には、お墓は先祖代々が眠っているところです。

残された遺族やその子孫は、お墓参りをすることで、自分の家系を意識し先祖を敬う気持ちになるでしょう。


また、お墓に眠る人を思い出すことよって故人の供養にもなります。

千葉の永代供養墓に関する詳細はこちらです。

しかし、近年、お墓の状況が変わりつつあるようです。
お寺との関係を、その子供の代が引き継いでいくことができにくくなってきているのです。

例えば、子供のいない夫婦の場合は、お墓に入った後、そのお墓の面倒を見ていく人がいないことになります。


そういった場合に利用できるのが永代供養墓です。


永代供養墓は、お寺にそのお墓の管理を永久に任せる形態だと考えるといいでしょう。永代供養墓を選択すると、自分用の墓石があるケースもありますが、共同墓地に入るなど形態について制約がかかるケースが多いと言われています。



しかし、お墓の面倒を見てくれる人がいない人の場合は、大きなメリットがあるといえるでしょう。
永代供養墓は、子供がいるケースでも利用することがあります。

子供たちに檀家としてお寺と付き合い、毎年の支払い等をさせていく苦労を引き継がないという方針で、親自らが永代供養墓を選ぶことがあるのです。

墓石についてもバリエーションが増えてきていることからもわかるように、お墓についてのしきたりが少しづつ変わりつつあるのかもしれません。平均的な家族構成が変化しつつある中で、永代供養というやり方が今後はもっと増加するのかもしれません。

ジョルダンニュース!の為になる情報です。

PAGE TOP