樹木葬は霊園の中に増えてきております

###Site Name###

お墓といえば、墓石があり骨壺を墓石の下に納めておくのが一般的です。

しかし、1999年に始まった樹木葬が徐々に支持されて増えてきております。今は、寺院や公営霊園・民営霊園の中にも樹木葬を行えるところが作られてきています。

樹木葬は散骨ではありますが、海洋葬や空に散骨する形式とは違い、埋葬場所が「墓地埋葬法」に基づいて確保されていおります。従って、いつでもお参りをしようと思えば、手を合わせに出向くことができるのです。

他種類に及ぶBIGLOBEニュースは人気のテーマです。

埋葬方法には2つのタイプがあり、骨壺から取り出して土に埋める方法と、土にかえる骨壺や袋形式の骨壺で埋葬して、埋葬した場所が分かるようにプレートを立てたり樹木を植えたりします。

費用は、昔ながらのお墓と違い安くできるのと、墓地としての機能があるので管理費用を収めておくと永続性が保たれます。

樹木葬が人気が出ているのは、墓石の場合はお参りに行かなければ草が伸び放題になるため、お墓があることが遺族として負担になってしまうことです。

更に、お墓を遠方に持った場合は、お彼岸やお盆、命日に出かけることは不可能です。

このようなことを考えると、樹木葬で遺骨を納めてもらうことで、残された遺族の者たちが好きな時に訪ねてくれれば良いといった思いもあるといえます。

茨城の樹木葬の為になる情報です。

また、殺風景なお墓ではなく、桜の花などが植えられておれば、桜満開の時期に、家族がピクニック気分でお弁当を持って訪ねることもできればといった願いも叶えることができるのです。



PAGE TOP