散骨をするのに伴う社会的なルールとは

###Site Name###

故人の希望や墓仕舞いというような理由から、遺灰を散骨する遺族もいます。
散骨にはいまだに厳密な法律での制限やルールは存在しませんから、やろうと思えばどんな場所でも実行することは可能です。

ロケットニュース24に関する情報収集をサポートします。

しかし現実にはそこに住んでいる住人や所有者がいるため、どこでも自由に行うことは不可能といえます。それを念頭に入れて、故人も穏やかに眠れるような方法で埋葬する形を取ることが大切です。散骨を行うにあたっては、まず手伝ってくれる業者選びをすることになります。

これは荼毘に付した遺骨を粉にしたり、船を手配したりという作業が必要になるからです。

幅広い分野の視点から埼玉の散骨の情報が欲しい方必見です

遺族がすべて手配して実行することも可能ですが、やはり作業に慣れた専門業者がいてくれる方が安心な面もあります。

散骨を行う際は、粉状にした遺骨を故人の希望の場所に撒くことになります。

この場合の注意点としては、レジャー施設の近辺や人のいる場所での実行は控えたほうが良いということです。世の中にはいろんな考えの方もいるので、こういった行為自体に賛同しないという方もいます。

無用のトラブルを招いてお別れの儀式を台無しにされるよりは、ひっそりと人目のない場所で執り行うほうが賢明といえます。



お別れにあたって、お酒やお花などを一緒に流したいところですがそれも控えた方が良い行為です。水に溶けないようなものを流したり、水質を汚染するような行為は環境保護がうたわれている現在では謹んだほうが良いでしょう。

散骨に特別なルールは必要ないとはいっても、やはりすべて自由に行うには問題があります。

実行する場合は周囲に対するそれなりの配慮と、節度を持って儀式を執り行う必要があるといえるでしょう。

PAGE TOP